病院紹介Hospital Referral

当病院は、患者さまや市民の方のアクセスがよい国道39号線沿いに位置しています。最新の医療設備を導入し医療介護環境の充実を図り、地域の皆さまに親しまれる開かれた病院を目指しております。

詳細はこちら

診療案内表Doctors Timetable

外来担当医師の診療表をご覧頂けます。
かかりつけ医の診療日を事前にご確認頂けますので、ご参考にしてください。
※医師の診療時間は都合により変更になる場合が御座いますので予めご了承ください。

詳細はこちら

診療時間Opening Hours

平日 (午前) 9:00~12:00 / (午後) 13:30~16:30
土曜日 (午前のみの診療) 9:00~12:00
休診日 日曜日 / 祝日 / お盆 / 年末年始
面会時間 9:00~20:00

整形外科のご紹介

整形外科は、運動器の疾患、損傷の治療を行うところです。身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉やそれらを支配する神経系からなる運動器の機能的改善を治療する科で、背骨と骨盤というからだの土台骨と、四肢を主な治療対象にしています。(頚部症状は脳神経外科での診察になります)
当院では、加齢により変形した関節疾患、打撲や捻挫、骨折、骨粗鬆症など患者様一人一人それぞれの多岐にわたる疾患に対して、親身になって応じ安心して治療に取り組めるよう心がけております。

変性関節疾患
膝や腰など、加齢や様々な外的要因によって関節回りが痛んだり腫れたり…患者様それぞれの症状に合わせて、理学療法・薬の投与などでつらい症状を治療します。
骨折・靭帯
複雑な症状の場合は今後の生活も問題なく過ごせるよう整復固定・修復手術も必要です。手術の際は不安がないよう親身に丁寧にご説明致します。
人工関節
痛みの原因となる部分を人工関節に置き換えることにより機能回復・痛みの軽減ができるよう手術・治療します。
リハビリテーション
患者様が円滑に日常生活を過ごせるよう、当院の理学療法士・作業療法士がそれぞれの症状に対して最適な療法をご提案します。

乳児股関節脱臼検診

当院は先天性股関節脱臼検診を行っています。
赤ちゃんの股関節が完成する前の、生後3、4か月で先天性股関節脱臼の検査を受けて下さい。股関節が「やわらかい」状態のほうが、先天性股関節脱臼が治りやすいため早期発見が大切です。当院では超音波(エコー)を用いた検査と、レントゲンによる検査が出来ます。
上記の2種類の検査方法をどちらか選択していただきますが、対象のお子様と担当医師の診察日が異なりますので、下記の情報をご確認のうえお越し下さい。また、尾崎信彦医師は対応しておりませんのでご了承お願い致します。

両検査とも予約制ではございません。
授乳やオムツ交換を行う場合は所定の場所にご案内しますので、看護師または受付窓口にご相談下さい。また、授乳時にお湯が必要な場合は受付窓口にご相談下さい。
ご不明な点やご相談などございましたら、お電話にてお気軽にお問い合わせください。

超音波検査

担当医師:稲尾 茂則 ※診察日をご確認下さい。
対象体重:8kg以下まで
対象月齢:4ヶ月頃まで

レントゲン検査

担当医師:豊田 馨 ※診察日をご確認下さい。
対象体重:制限はございません
対象月齢:制限はございません

先天性股関節脱臼とは?

出生時または生後数か月の間に、股関節が脱臼した状態を指します。名前が「先天性」となっているため、生まれつき起こっている病気だと思われがちですが、先天性股関節脱臼の9割以上が後天的なものです。最近では約1000出生に1人と比較的まれですが、万が一見逃された場合、跛行(足を引きずって歩く)などの障害を残す可能性もございます。

先天性股関節脱臼の原因は?
赤ちゃんが逆子で生まれた場合、出産時に股関節が脱臼することがありますが、多くの場合、赤ちゃんの自然な姿勢を妨げてしまうことが原因で起こります。
赤ちゃんの自然な姿勢は股関節と足がM字形になっている状態ですので、おむつや衣類を着用するときに足を無理に伸ばした形で行うと、先天性股関節脱臼の状態が起きることがあります。また、抱っこする時も赤ちゃんの足をまっすぐに伸ばした状態で行うと、先天性股関節脱臼につながる恐れがあります

担当医師

写真をクリックすると詳細ページが表示されます。